松方弘樹の現在の病状は絶望的で余命は!?病院はどこ!?

松方弘樹さんの病状が思わしくないと報道されています。

WS000038

大病で治療中の松方弘樹さんの病状がかんばしくないと
報道されています

現在の病状と余命などについて見ていきたいと思います

スポンサーリンク

松方弘樹の現在の病状は絶望的で余命は!?

WS000039

松方弘樹さんは2016年3月2日に「脳リンパ腫」
診断されて、抗がん剤の治療が始まりました

しかし現在(1月)、その抗がん剤の副作用や脳リンパ腫の
ストレスによって脳梗塞を連発しているというのです

最初の脳梗塞は去年の秋頃に起き、一時抗がん剤の
使用を中止せざるを得ない状況になりました

そして、治療を再開するが、さらに小さな脳梗塞を
2回起こしてしまい、なかなか治療が進んでない状況なのだそうです

さらに、仕事の復帰の目処がないために、経済的にも厳しく
なって来たために、VIPの個室からコンパクトな個室へと
移動も余儀なくされています

スポンサーリンク

松方弘樹の余命は?

WS000041

脳リンパ腫の平均生存年数は3年と言われていて
5年以上の生存は非常に難しいんです

そして脳リンパ腫は非常に珍しい病気で、日本では10万人に1人
だと言われていて、脳腫瘍の約3%程度なのです。

松方弘樹さんの場合脳の深い所に発症しているために手術は出来ず
抗がん剤や放射線治療のみの治療となっています

現在は、体を自由に動かせないようになっているみたいで
年末年始あたりから言葉も出なくなっており
御見舞に来た知人の顔も認識出来ない状態に陥っているということです

追記:松方弘樹さんは1月21日脳リンパ腫のため74歳で死去されました

松方弘樹はどこの病院で治療を受けている?

WS000040

松方弘樹さんはどの病院で治療を受けているのか
調べてみたところその情報はネット上で見つけることは
出来ませんでした

多分、ファンなどが心配して押しかけてくるのに対処して
公表を差し控えているのでしょうか

それで脳リンパ腫などの治療に長けている都内の病院を調べてみました

■ 東京慈恵会医科大学付属病院

■ 国立がん研究センター中央病院

■ 東京大学医学部付属病院

■東京女子医科大学脳神経外科

脳リンパ腫のような難し病気に対応するためには
それ相応の設備と経験がないと難しいということで
都内でも限られた数しかないようでした

現在は松方弘樹さんと25年間一緒に暮らしていた女性が
毎日病院に通って1日中お世話をしているということです

ネットの反応

https://twitter.com/h_bluee/status/819323062105477123

まとめ

脳梗塞を頻繁に起こしていた、というのが心配ですね

回復することを祈っています

ここまで読んで頂きありがとうございます



>>松方弘樹事実婚の嫁山本万理子が脳腫瘍で看病!なぜ結婚しない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする