羽生結弦の結婚説浮上!えっ!高校時代はいじめられていた!

 羽生結弦選手に結婚説がそれにいじめも!

024

今やフィギアスケート世界に向かう所敵なしといった羽生結弦選手

ですが今、羽生結弦選手に結婚説が浮上してきました

羽生結弦選手は否定しているみたいですが

真実はどうなんでしょか

また羽生結弦選手は高校時代にはいじめに合っていた

という噂もあります

今回はこの二つ事柄について迫って行きます

スポンサーリンク

羽生結弦選手に結婚説

羽生結弦選手の結婚を約束している女性がいる

ということがスクープされました

その結婚相手というのは高校時代の

同級生の女性(21歳)

そもそも二人の出会いは東北高校

同じクラスメイト

当時極端に女子が少なくクラスに

4~5人程度しかいなかったらしいです

羽生結弦選手の結婚相手はその中の一人

で学校では陸上競技をやっていて

男勝りな活発な生徒だったそうです

クラスメイトはみんな羽生結弦選手

のことを「ゆづ」と読んでいるのに対して

その子は「ゆづる」と呼んでいたことから

周囲からもその女生徒と羽生結弦選手

特別な関係という認識をもたれていたようです。

そんな二人はそのまま連絡を取り合って

いたみたいで15年の春には二人は急接近

夏ごろには結婚についてなにか約束を交わした

ようです。

彼女の性格はとてもサバサバしていて

男友達も多かったとか

身長は陸上競技の選手としては少し

低めの160cm、顔は「いきものがかり」

のボーカリスト似だそうです

週刊誌の記者が彼女に取材をしたとき彼女は

5月には羽生結弦選手と合ったそうですがあくまでも

「友達」と強調していたそうです

記者は彼女への取材で

「交際や結婚については否定し続けるが、

隠し切れない羽生結弦選手への思いがもれ伝わる」

と感想をのべています

そして彼女は羽生結弦選手と交際をしていない

理由として羽生結弦選手のお母さんがすごく

きびしい人というのを挙げています

確かに羽生結弦選手の母親は羽生結弦選手が

子供のころからかなり羽生結弦選手のフィギアスケート

には力を入れていて選手の間は「恋愛はいけない」という

持論をもっているそうです

a

一方羽生結弦選手の方はこの結婚説には

全く取り合わず否定をしています

まぁこれだけ厳しい母親が控えていては

肯定することはできないでしょう

【関連記事】羽生結弦の父はスパルタ!?父親の性格や家族について

ちなみにフィギアの関係者によると

結婚は18年の平昌五輪の後という約束に

なっているようです

そんな結婚説が浮上してしまった羽生結弦選手は

高校時代にいじめにあっていたそうです

スポンサーリンク

高校時代はいじめられていた!

高校時代に羽生結弦選手をいじめていた

と思われるものからのツイッターで

の発言で発覚したようです

そのツイッターは女性で当時

羽生結弦選手の椅子に焼きそば

をぶちまけられている画像

などを配信しました。これがその画像

羽生結弦選手の椅子

WS000002

 

篠原愛水というハンドルネームを

持つ女性は

「キノコだのおかまだの巨乳爆乳羽生だの

バカにしてたのに今やメダリスト(笑)

可愛くないだろ(笑)」

「恥かしすぎる(笑)羽生のどこがいいんだよ(笑)」

とこのようなことをツイートしていました

その後で

「羽生おめでとう!!同じクラスだったなんて誇りだよ(笑)
 
学校にインタビューきてななとふざけたのとか懐かしいな(^^)

もーちょっと優しくしとけばよかったかな(笑)」

などとホロ―のコメントを出していました

ちょっとこのいじめた女性はたちが悪そうですね

去年いじめにかんして羽生結弦選手はもう過去の事

楽しく生きていくのが大切なことみたいな

発言をしていました。

今や世界のトップスケーターの羽生結弦選手にとっては

もうどうでもいいことなのかもしれませんね

【関連記事】羽生結弦が嫌い!浅田真央が毒キノコ野郎と呼ぶ訳!

まとめ

羽生結弦選手の突然の結婚説浮上に

びっくりされているファンの方は

たくさんいらっしゃるでしょうね

全く何もないところからの結婚説

だったので余計かもしれません

羽生結弦選手の母親は恋愛には

否定的ということですが

恋愛によっては力となって

行く場合もあると思います

そういった意味で羽生結弦選手のケースはポジティブな

恋愛という気がします

何でもかんでも恋愛を否定してそれを

押し付けると逆効果にもなり得ます

またいじめの問題は

今の日本の社会構造自体をを変えない限り

絶対に無くならないでしょうね

ここまで読んでいたただきありがとうございます。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする