竹田圭吾の嫁や娘(子供)は大丈夫?家族が支えた膵臓がんの怖さとは

竹田圭吾氏が闘病の甲斐もなく亡くなられました

1月10日午後2時ごろ竹田圭吾氏(51)が都内の

病院で亡くなられました

生前は鋭い指摘をするジャーナリストとして知られ

ニューズウイーク日本版の編集長まで勤め上げられました

闘病中にもかかわらず最後までジャーナリストとしての

強いプロ意識をもって仕事に当たられていただけに

竹田圭吾氏が逝かれたニュースに「残念」といった

声が多く聞かれます

竹田圭吾氏が患っていた膵臓がんは発見しにくいがん

と言われ発見された時にはもう手遅れだとか・・

そんな膵臓がんについて、また残された

家族や娘についても調べてみました

スポンサーリンク

膵臓がんの怖さ!

日本では毎年3万人以上の人々が膵臓がん

で亡くなっています。

上にも書きましたが膵臓がん初期段階では

発見することが非常に難しく

検査でも発見されることはほぼありません

さらに膵臓がんの最大の原因は喫煙

と言われていますが

どのような人が膵臓がんになり易いということ

は解っていない状況です

膵臓がんの症状としては

黄疸(おうだん)が出ること

そしてそれに伴って体がかゆくなったり

尿の色がこくなったりします

ただ単にお腹の具合がわるい

胃や背中が重苦しいといった症状も出ますが

このような症状はあらゆる種類の病気にも

共通していることなのでなおさら

膵臓がんと特定することが難しくなってきます

このような膵臓がんの特徴から竹田圭吾氏

も病気の発見した時はもうすでにかなり

進行していたのかもしれません

膵臓がんの場合たとえレベル1でも

完治は難しいと言われています

発見しずらくしかもレベル1でも

命を失う可能性が高い膵臓がん

は本当に厄介な病気だといえます

膵臓がんにもその他の病気にも

言えることですが

病気の原因はなんといっても

ストレスがその最大の理由の1とつ

だということは言うに及びません

結局のところはストレスによって

免疫機能が正常に機能しなくなります

私たちの体内では毎日5千個以上

の細胞ががん化しているといわれていますが

そのがん化した細胞を攻撃するキラー細胞が免疫機能

の低下によってしっかりと働いていない

ということから

がん細胞の巨大化ということが起こってきます

私たちにとって過剰なストレスは最大の敵です

トップジャーナリストとして活躍されていた

竹田圭吾氏などは大きなストレスを抱えながら

仕事をされていたということも想像できます

とくに竹田圭吾氏は仕事に対しても

妥協はしたくなかったという思いの中

複雑な政治経済の世界やマスメディア

に対応するために膨大なエネルギーの消費

またはストレスにさいなまれていたことでしょう。

そんな竹田圭吾氏は過酷ながん治療

と戦いながらジャーナリストしての

プライドをかけて最後の最後

まで自分の仕事をやり通していた

ことは多くの人が認めるところであり

竹田圭吾氏も思い残すことなく

逝かれたと思います

そして一家の大黒柱である父親の存在を失ったことで

残された竹田圭吾氏のご家族も子供も

意気消沈されているでしょう

竹田圭吾氏は自分の家族も大切にされていたようです

ここで竹田圭吾氏の家族についても

見ていきましょう。

スポンサーリンク

残された家族や娘(子供)

竹田圭吾氏は治療中

「どれだけ治療が順調で、家族に寄り添われていても

孤独からは逃げることはできない」

と語っていました

これは逝く時は一人という意味だったのでしょうか

この文章から 

気をしっかりともって治療に専念して行こうという気持ちと、

半面、逝く時の恐怖と戦っていたことがうかがい知れます

そんな竹田圭吾氏は嫁さんと2人の子供がいます

子供は2人とも女の子で

上の娘さんが中学三年生または高校1年生ぐらい

下の娘さんは小学校の低学年ということです

竹田圭吾氏は闘病中出来る限り家族と一緒に

過ごされていました

竹田圭吾氏は当然自分が逝ってしまうということについても

頭をよぎっていたと思います。

そんな時に特に自分の子供との別れについての悲しさも

ひとしおだったのではないでしょうか

竹田圭吾氏は娘さんたちには経済的なことなども

しっかりと教えていたようです

竹田圭吾氏のジャーナリストとしての

働きを身近で見て来た娘さん

たちにはとってはきっと立派な父親だったことは

疑いもありません

【関連記事】 竹田圭吾の余命が心配!?骨肉腫が原因で激痩せ!

まとめ

竹田圭吾氏はあれだけやせ細って来た

自分を見て、もう長くはないという気持ち

を持たれていたでしょう

そのような状況のなかでも

気強く生きようとしていたのが

視聴者側にも伝わってきました

竹田圭吾氏のご冥福をお祈りします

ここまで読んでいただきありがとうございます。