ベッキーの裏の性格!身心崩壊休養はうそ?キンタローが大嘘と暴露

ベッキーさんの性格がわるい?ってどういうことなんでしょうか?

WS000028

ベッキーさんがとうとう身心崩壊状態になり

しばらくの間休養をするということが

所属事務所より発表がありました

この突然の休養宣言には所属事務所がベッキーさん

の復帰の際のために戦略的にやっているといったことも

聞かれます

今回はベッキーさんの今回の休養にまつわる

いろいろな噂に迫っていきます

スポンサーリンク

ベッキーの裏の性格!

ベッキーさんの売りは清純派タレント

今回の騒動でベッキーさんを知る芸能人たちの

大半はベッキーさんの事を擁護していました

でもよくよく調べてみるとまた違った

ベッキーさんの顔が見えてきました

例えばベッキーさんは後輩やスタッフに

対しての態度と先輩芸能人に対しての

態度が明らかに違うということが

言われています

 

たとえば

常温の水しか飲まないベッキーさん

がたまたまADが用意していた水を

飲んだ時に冷たく感じ

「私はアーティストなのよ。

水ではなく白湯を用意して」

わがままを押し通すこともあったようです

してある大阪の番組の佐藤唯さん担当の

コーナーでは二コリともしないそうです

またインターバルでは佐藤唯さんに対して

「テレビに出られているのは私のお陰

だから、感謝してよね」

といって恩を売っていたということです

でも言ってみればこれぐらいの事は

誰にでもありがちなことだと思いますけど

特に清純派で売っているだけに

噂になってしまうんでしょうね

そして変に正義感ぶっているし

先輩と後輩で態度が違うということ

も視聴者から指摘されていたようです

そういう風に視聴者から感じられていたのは

計算高く損得勘定によって人を

判断していたからということでしょうか

だから先輩に対してはよく気を使い

挨拶もきっちりとするベッキーさん

を悪く言う先輩タレントが少ないのは当然

の事だと思います

【関連記事】ベッキーが憔悴5kgの激やせで休養!川谷絵音は騒動の痛手無し!

ベッキーさんについてある放送作家は

「芸能人の間でベッキーは“芸能ポリス”と呼ばれ、

誰が誰とつきあってるだの、

誰が別れただのという情報を仕入れては、

『あの子とは別れたほうがいい』などと、

他人の交際に口を挟んでくるので

煙たがっているタレントは多い」

と言っています

ベッキーさんはどうも他人の交際に

口を挟むのが好きなんですね

こういう思考が今のベッキーさんの

騒動を作った根源のような気がします

「類は友を呼ぶ」ということわざどうり

になっていませんか?

今ベッキーさん自身が他人にジャッジされる

立場になってしまいました

まぁベッキーさんは少し無理をして

清純派キャラを作り続ずけて

いたのかもしれませんね

その裏返が今回の不倫騒動まで

発展してしまったと思います

スポンサーリンク

身心崩壊休業はうそ?キンタローが大嘘と暴露

ベッキーさんの余りの身心崩壊

のためにレギュラー番組をキャンセルして

しばらくの間休養すると所属事務所が

決定したと伝えられました

食べ物もろくにのどを通らない

状態になっているそうです

これに対してお笑いタレントのキンタロ―さんは

「いつも通り変わらず、元気で場が温かかったです。

ニコニコでキラキラして元気印でした」

と語りました

いままで何回かベッキーさんについては

「憔悴しきっている」「もう見ていられない」

といったことが関係者や所属事務所など

を通して語られていましたが

もしこのキンタロ―さんの話が本当であれば

それら(憔悴事)はすべて所属事務所による

ミスリードではなかったのかと

人は疑問を持ってしまいますよね

でもそれは所属事務所としては

当然のことで

これだけ大きな騒動を起こしている

張本人が楽しくしていたら

それこそ人間性が疑われ、その時点で「アウト」

になってしまいかねませんよね

とにかく所属事務所はベッキーさんの

擁護に必死なのは伝わってきます

この先どういう展開になっていくのか・・

まとめ

あれだけLINEのやり取りが出てしまっては

これから番組に出演し続けるのは

難しいと判断したんでしょうね

ベッキーさん自身もどんな顔で

出ていいものかわからないでしょうし

周りのスタッフも共演者も気を

使いすぎて番組の進行上ギクシャク

してしまう可能性も出てきますね

まぁそれを期待している視聴者

もたくさんいることも事実でしょうが、、

取りあえずしばらくはメディア

から消えて様子を見てから

復活ということを狙っている

のでしょう

ここまで読んでいただきありがとうございます。