小林麻央は進行性乳がんだった!抗がん剤は有効か!?

小林麻央の進行性乳がんに抗がん剤は有効か!?

door-349807_1280

小林麻央さんのガンについての会見が市川海老蔵さん

によって行われました

今回は小林麻央さんのがんについて迫ってみます

スポンサーリンク

小林麻央は進行性乳がんだった!

9日市川海老蔵さんが小林麻央さんの病状について

都内で会見をされました

市川海老蔵さんは小林麻央さんのがんは

進行性の乳がんだと公表しました

乳がんの発見は1年8ヵ月前の人間ドッグ

だったそうでその時はすでに進行性のがんだったそうです

状況は深刻で手術をする方向で現在のところは

抗がん剤による治療を続けているようです

■がんの宣告

市川海老蔵さんは1年8ヶ月前に人間ドックを

小林麻央さんと一緒に受けたそうです

その結果小林麻央さんに進行性の乳がんがあると宣告され

その時は途方に暮れたと語っていました

現在4歳の長女の(れいかちゃん)は当時まだ小さかった

ので状況を理解していなかったが最近ではだんだんと

状況を理解してきているようで入退院を繰り返す

小林麻央さんに対して寂しさを感じているとのことです

今回の会見をれいかちゃんもテレビで見ている

のでこれでさらに何が起きているのか

さらに理解が深まったことでしょうし

子供は子供なりに自分で納得していることでしょうね

市川海老蔵さんは(れいかちゃん)も

「自分の中で頑張って踏ん張っている」とコメントしていました

ツイッターの声

スポンサーリンク

抗がん剤は有効か!?

上記したように小林麻央さんは手術をすることを

前提に抗がん剤治療を続けているようです

市川海老蔵さんによると状況は深刻ではあるが

抗がん剤治療によって安定していると言っています

今の状況ではがんが拡散しているので

ある程度抗がん剤でがんを小さくしてからの手術

であると思われます

■近藤理論

あの近藤誠医師によると

進行性のがんは何をしても治らないので

放って置いたほうが長生き出来ると断言しています

近藤誠医師といえばセカンドオピニオンで有名で

近藤理論は今の医学の常識とは大きく反する

ところがあり医療界からは反発もあるようです

近藤理論によると抗がん剤を入れると体の免疫力

が弱るので逆にがん細胞が増殖してしまう

一部のがんには抗がん剤治療は有効だと認められているが

乳がんには適正ではないと言っています

そして手術をすればその切り口を中心に免疫力が低下してしまい

それによってがん細胞が切り口に集中してしまい結局は手術前よりも

がんが増殖してしまうことになると自身の理論を展開しています

近藤誠医師はがんは治らないので

基本的に「放って置く」のが一番とのことです

まとめ

近藤誠医師の意見は極論過ぎて受け入れ難い

といった人が大多数であるのは事実のようです

でも実際抗がん剤治療をやってもほとんどの方が

亡くなられている現状を見るとあながち極論だと

いって無視出来ないような気もします

さらに抗がん剤で治ったという人は元々がんがなかった

とも言う専門家もいるようです

小林麻央さんは抗がん剤治療を続けている

ようですが、逆にそれで治ると固く信じていれば

良い結果が出るかもしれないので

それを信じて治療を続けていっていただきたいと思います

ここまで読んで頂いてありがとうございます



<<こんな記事も読まれてます>>

北斗晶乳房切除!乳がん手術と乳房再建の方法

がん患者のほとんどが低体温!高体温方法紹介